動画制作で理想的なマーケティング効果を生み出す

動画制作で失敗しないためにマーケティング戦略を考えよう

完成動画の利用方法

動画を制作した場合、さまざまな利用方法が存在します。最も人気が高い動画広告以外に、企業PR動画・社内報告書・マニュアルなどの利用方法が挙げられます。勿論、ストーリーがある場合は映像作品として放映することも可能です。

動画の宣伝効果が高い業界TOP3

no.1

IT業界

IT業界は専門用語が多く、言葉でサービスを説明すると非常に難解な内容となります。動画を使って分かりやすく伝えれば、サービスや企業を効率良くアピールできるので宣伝効果が高いです。

no.2

マスコミ業界

マスコミ業界はIT業界のように難解な内容ではありませんが、静止画では伝えられない情報量を保持しています。最近はテレビCMより動画広告の方が宣伝効果が高いケースもあり、人気が急上昇しているようです。

no.3

製薬業界

製薬業界は文字で内容を伝えられるものの、実際に利用しているシーンを動画で見せた方が分かりやすいです。リアルな情報を伝えると購入意欲を刺激する効果があり、動画を利用するメリットがあります。

動画制作で理想的なマーケティング効果を生み出す

女性

動画を使ったマーケティング戦略

動画制作はSNSで拡散されるような、面白い内容にすることが大切です。例えば同じ10万円の費用で作った動画Aと動画Bがあり、動画Bは100回拡散されたとしましょう。動画Aは拡散されていないので1回しか放映されませんが、動画Bは同じ費用にも関わらず100回放映されていることになります。つまり、拡散能力は宣伝効果に直結するということです。

利益効果から考える制作費用の目安

先程述べたように視聴者は費用ではなく、動画の内容を重視する傾向にあります。極端に言えば内容が面白いなら、費用をかける必要はないということです。しかし、素人でも作れるような作品は敬遠されるため、10~50万円程度で制作する企業が多く見られます。タレントや著名なディレクターの力によってクオリティを高めたい場合は、100~200万円かかるでしょう。

依頼の際に業者に伝えておくべきこと

外注する時に必ず伝えた方が良いのは、目的とターゲット層です。これらの2つを共有していれば、ある程度希望に沿った作品に仕上がるでしょう。実現可能かは制作会社が判断するので、打ち合わせの段階ではとにかく要望を具体的に伝えておくのが得策です。多くの考えから取捨選択した方が、質の高い動画を作りやすくなります。

動画制作を依頼する際に知っておくと得する情報

実は動画制作会社と言っても、業者によって得意分野や技術の高さはさまざまです。実績やホームページを確認して、業者の質をチェックする必要があります。また、制作会社はマスコミ業界・IT業界など、主な取引先があるものです。自社と同じ業界の実績が豊富な制作会社を選べば、スムーズに作業が進行するかもしれません。

広告募集中