動画制作から納品までの流れ!完成してからの注意点も知る

専門業者に動画制作を依頼!納品後のアフターフォローが大事

動画制作から納品までの流れ!完成してからの注意点も知る

IT

動画制作前の打ち合わせ

動画制作の依頼をすればすぐに撮影作業に入るわけではありません。まずは打ち合わせがあります。ここで動画を制作したいと思った背景や目的などを話します。制作側はこのヒアリングに基づいて、課題を明確にしながら、どのような映像をどのようなスケジュールで制作していくかを企画に盛り込んでいきます。そうして完成した企画書と見積書を提示して、依頼者が納得すれば撮影に入っていきます。

動画制作工程

制作会社は映像企画書に基づいて台本や絵コンテを作成していきます。この作業によって撮影する前から完成品のイメージを作ることができます。それから実際に現場に行ってカメラマン、スタッフ、照明機材などを配置してビデオ撮影をします。もちろん、撮影ディレクターも同行しているので、円滑に撮影は進みます。撮影が終われば編集作業に入ります。不要な部分はカットしたり、伝えるメッセージを明確にしたり、音楽やナレーションを挿入していきます。

完成品を確認する際の注意点

動画制作がある程度完成したら制作会社は依頼者に連絡が入ります。依頼者は制作された動画が納得いくものなのか納品前に確認します。そのときに注意する点があります。それは挿入された音楽です。映像に関してはヒアリングをしっかりした上で内容を確認しているので、齟齬はあまり生じないのですが、音楽は聴く人によって印象が異なります。そのため、納品するまでに調整を加えていくというのが一般的なので、しっかりとチェックしましょう。

事前にアフターフォローの内容を確認

動画制作を依頼する前にアフターフォローが充実しているかをしっかりと確認しましょう。動画が完成したとしても、実際に映像を流してみると、動画に誤りがあったり、依頼者の考えとは異なるものがあったり、音楽に調整を加えたいと思うケースもあります。そのような場合に、その修正を無料できちんと行ってくれるのか把握しておくことはとても大切です。他にも、修正回数に制限があるか、制限回数を超えたリテイクの費用はいくらかなど事前に確認しておきましょう。

広告募集中