動画制作会社に依頼するときに必要な費用と流れ

動画制作を依頼する前に!知っておくべきプロセスと料金

インターネット上での動画の需要

動画は静止画よりも多くの情報を視聴者へ届け、結果注目を集めることができます。そのため、宣伝効果が期待できる方法といえるでしょう。このようにメリットが豊富なので、最近はインターネットにおいて動画の需要が確実に高まっています。

動画を利用することで得られるメリットTOP5

no.1

映像と音楽が使える!

動画は映像と音楽を使えるため、表現できる内容の幅が広がります。映像制作だけではなく音楽も重要な部分を占めているので、映像に合った音楽を選ぶことが大切です。

no.2

子供から高齢者まで伝わる

「文章が苦手」と感じる人はいるかもしれませんが、「動画が苦手」という人はほとんどいません。動画は大量の情報を含んでいるにも関わらず、子供から高齢者まで誰にでも分かることが魅力です。

no.3

アクセス率アップ

動画は静止画よりもクリック数が多い傾向にあるため、商品ページや企業ホームページのアクセス率を簡単にアップできます。注視時間も長くなり、実際に商品やサービスの利用率も高まります。

no.4

視聴者が拡散してくれます

動画は注目を集めやすいので、視聴者が「面白い」と感じれば拡散して貰える可能性が高いです。実は安い費用で優れた宣伝能力を発揮するケースもあります。

no.5

若者へアピールするなら動画が最適!

携帯端末が発展している現在、動画はSNSや動画サイトを通して若者に見て貰える確率が高まっています。ターゲット層が若者なら、動画を使うのが得策です。

動画制作会社に依頼するときに必要な費用と流れ

撮影

動画制作会社の特徴

動画制作会社はテレビCM・PV・動画広告など、得意分野が異なります。外注する場合は制作会社の特徴を理解した上で依頼することが大切です。制作会社は動画制作に関するノウハウを熟知しているため、質の高い作品に仕上がることがポイントと言えるでしょう。

サービス内容

制作会社に依頼した場合、打ち合わせ・企画・撮影・編集という全ての作業を行ってくれます。業者によってサービス内容が異なるため、事前に確認することが大切です。稀に企画を自社で行って、専門的な技術が求められる撮影と編集だけ制作会社に依頼するケースもあります。

依頼の流れ

まずは信頼できる制作会社を探して、打ち合わせによって実際に依頼する所を決定します。打ち合わせでは自社の要望を伝え、どのような方針で制作を進めていくか相談するのが一般的です。その後は制作会社が動画の流れや演出を企画し、絵コンテに沿って撮影や編集が行われます。

費用相場と製作期間の目安

動画制作は15秒で約3万円、30秒で約5万円、それ以上なら約10万円を提示している業者が目立っています。著名なスタッフが参加する場合は相場より高くなるケースもあるので、注意が必要です。制作期間は業者や内容によって異なりますが、2~3ヶ月程度かかると考えてください。

広告募集中